なぜ「借金だけはするな!」という人がいるのか?

プロミスのカードローンの申込みをためらってしまう方の理由に、「借金は悪いこと」という先入観があることがあげられます。

 

しかし、自動車を購入するときの「自動車ローン」、住宅を購入するときの「住宅ローン」、自動車学校のための「運転免許ローン」などを利用することに反対する人はいないでしょう。

 

とくに運転免許ローンなどは、プロミスの金利と比較して、ほんの2%程度の金利差になりますので、目的を定めず利用できるプロミスのカードの方が、役立つシーンは多くなります。

 

このように、カードローンだけはダメ、という思い込みは、自分の両親などから「借金だけはするな!」という教育を受けていることが原因となっていることが多いと思います。

 

これは、今から30年以上前の時代では、無担保・無保証でキャッシングするときの金利が100%を超えていたからで、借金が理由で夜逃げをしたりする人も多かったことが理由ではないでしょうか?

 

しかし、プロミスの金利が6.3%〜17.8%であることからも分かる通り、当時の借金と現在の借金を比較すること自体、無理があるものとなります。

 

確かに借金を絶対にしなければ、失敗することも絶対にありませんが、逃してしまうチャンスなども多くなってしまうと思われます。